So-net無料ブログ作成
小春展 ブログトップ

真昼航海日誌10月9日 [小春展]

 なんだか今週はお天気が不安定ですね。
今日もずっと小雨が降り続いておりました・・・
 
 『小春展』では、いつも真昼造船にご来店くださる常連?さんから、
はじめて真昼造船のことを知ってくださった方まで、たくさんのお客さまと
たのしい時間をすごすことができました^^

 今日は『小春展』で旅立っていった本たちの一部をご紹介いたします!

 ☆一日目

 「世界のスタンプ」 いろんな国のかわいい切手たちの本です。もちろんオールカラー^^

 「美術手帖 琳派」 これ一冊で琳派がわかる?山口晃さんらのイラスト付き解説もいい感じ^^

 「小林秀雄展 図録」 古いものではありませんが、内容充実^^ キレイな写真もたくさん!

  北方文化博物館の雰囲気に合うかなぁ、と考えてセレクトしたこの3冊は、
  一日目の早い時間に旅立っていきました^^店主、かなり感激でした!

 「これでいいのだ 赤塚不二雄対談集」 

  女性の方が手に取ってくださいました。楽しんでくださいね^^
  タモリさん、北野武さん、松本人志さんらとの対談本です。
  
 「牧場の星」 串田孫一   

  店主がちょうど席をはずしたときに旅立っていきました・・・
  どんな方が選んでくれたのでしょう?^^装丁も素敵な一冊でした。
  
 「帰ってからお腹がすいてもいいようにと思ったのだ」 高山なおみ

  ながーいタイトルですが、これは名エッセイだと思います!おすすめ^^

 「自分の仕事をつくる」 西村佳哲 

  店主もこっそり影響受けてます。「働く」ってなあに?、

  他にも文庫は

 「日々雑記」 武田百合子  「カスバの男」 大竹伸朗  「平松洋子の台所」 平松洋子
 「ミニアチュール・マッチの世界」 京都書院 「Land Land Land―旅するA to Z」 岡尾美代子

  などなど。やはりみんな名著です^^

  そして絵本!

 「ひとあしひとあし」 レオ・レオニ  

  店主が子どもの頃大好きだった本です(スイミーより好きでした)
  とにかくお話も、色使いも、どこをとってもステキな絵本です。

 「ヨリンデとヨリンゲル」 ワッツ  

  店主は、ワッツの名作「赤ずきん」よりこちらがお気に入り^^
  「赤ずきん」が太陽の光なら、こちらは月光でしょうか・・・

 「3びきのこぐまさん」 村山知義  

  古い日本の作家さんです。うまくいえませんが、最高の一冊です。
  歌人の穂村弘さんも褒めて?ました。ある意味シュール!と。

  
  なんだか一日目だけですごく長くなってしまいましたね・・・
  二日目のご報告は明日にしたいとおもいます^^

  ちなみに、10月のミニフェアは『小春展』からちょこっといただいて
  『小春日和に読みたい本』 です。随筆、エッセイから絵本まで、のんびり
  たのしめる本が並んでおります。ぜひ遊びにきてくださいね^^

  201010071828000.jpg

小春展 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。